新横浜リハビリテーション病院
新横浜リハビリ
テーション病院

〒221-0864
神奈川県横浜市神奈川区菅田町2628-4  JR新横浜駅から新横浜リハビリテーション病院までの地図(GoogleMap)
TEL 045-474-5511
FAX 045-474-5556

新横浜リハビリテーション病院





新横浜リハビリテーション病院 院長 院 長
   久代 裕史





新横浜リハビリテーション病院 入院病棟入院病棟
回復期リハビリ病棟(126床)
(うち、個室54床)

   脳血管疾患等リハビリ
   運動器リハビリ
   呼吸器リハビリ

   【入院相談直通】
   045-474-5566

   【入院面会時間】
   10時~21時(毎日)





新横浜リハビリテーション病院 外来診療外来診療
内科 外科 整形外科 リハビリテーション科(専門外来)摂食嚥下 ボツリヌス療法

   【外来診療予約直通】
   045-474-5500

   【外来診察時間】
   9時~12時(月~土曜)





新横浜健診センター(新横浜リハビリテーション病院 健診部)新横浜
健診センター
   045-474-5211
   事業所様向け巡回健診
   (協会けんぽ指定医療機関)





新横浜リハビリテーション病院 通所リハビリテーション通所
リハビリテーション
   045-474-5203
   (神奈川区・港北区の一部は
   送迎可能)



JR新横浜駅から当院への無料送迎バス(新横浜リハビリテーション病院)
JR新横浜駅から
無料送迎バスで15分
【運行時間】
6時50分~19時15分
(土曜13:20最終・日祝運休)

新横浜リハビリテーション病院 無料送迎バス 時刻表    JR新横浜駅の当院無料送迎バスの乗り場(新横浜リハビリテーション病院)

新横浜リハビリテーション病院のブログ/コラム
より多くの方々に、私たち「新横浜リハビリテーション病院」を知っていただくため、
ブログ/コラムとして、「リハビリテーションのこと」「当院のこと」などを綴っております。
月1回定期の掲載と、不定期がございます。どうぞ、よろしくお願い致します。

2014年11月定期掲載   バリウム検査について


皆様こんにちは。

   今回は、バリウムを使った胃の検査のお話です。皆様、胃の調子はいかがでしょうか?毎日の仕事や 日常生活においてのストレス、そのストレスを発散しようと帰りにちょっと一杯のはずが…、飲み過ぎ てしまい翌日は二日酔い、胃痛、胃もたれを起こしてしまったという方も多いと思います。
バリウム検査について    当院では、2種類の胃の検査を行っています。先ずは『上部消化管内視鏡検査』、胃カメラと呼ばれ る検査で、当院では内視鏡専門医の院長が行っています。もう一つが我々、放射線技師でも行える『上 部消化管造影検査』、バリウム検査です。胃カメラは食道から胃の内部を直接、観て観察が行え、その 場でポリープ切除や、胃粘膜の
採取をして精密検査をする事ができますが、バリウム検査は直接粘膜を 観察するのではなく、X線を照射することにより飲んでもらったバリウムを観察(写真を撮影)する検 査になり、間接的に食道から胃の内部を観察する検査です。よって粘膜の色の変化を捉える事が出来な いのが最大の欠点です。写真の成り立ちとしては、バリウムの付着する量によってX線写真に写る色(一 般的には白)の濃淡が決まります、水溜りのようにバリウムが溜まるところは真っ白に、バリウムを塗 った様に付着した所は淡い白になり、この濃淡の差が粘膜の凹凸になるのです。この写真から、ポリー プ、胃炎、胃潰瘍、胃がん等をみつける事が目的になり、胃潰瘍や胃がんの発生に深く関与している「ヘ リコバクターピロリ菌」感染によるパターンの胃炎も捉える事が出来ます。
バリウム検査について
   バリウム検査は胃を膨らます薬を飲んでもらうことから始まります、普段は萎んでいる胃を広げる事 で死角となる粘膜と粘膜の重なりを無くすのが目的になり、「ゲップ」を我慢してもらいます。次に飲 んでもらうのがバリウムです、以前よりもドロっとした感じが少なくなり多少は飲みや易くなっている と思います。最近では発泡剤を嫌がる人の方が多い印象です。ここからはちょっとした運動をして頂く 事になります、検査台の上で回転してもらったり、左右に向いてもらったり、はたまた検査台が上下し たりと、高齢の人には大変な作業です。何故、この様な事をして頂くかと言いますと、バリウムを胃の 粘膜に塗り付けるためです。向いて頂く体の角度や検査台の角度によいってバリウムが通る場所、溜ま る場所が違うので、色々な体位になってもらい写真を撮影します。検査を受ける方と意思疎通を図り、 協力して頂く事が我々の技術になり、良い検査へとつながっていきます。最後に下剤を飲んでもらいま す、これはバリウムが腸の中に溜まってしまい便秘になるのを防ぐ為です。

簡単ではありますが、バリウム検査の概要になります、おわかり頂けたでしょうか?40歳を過ぎた ら定期的な胃の検査をお進めします。


執筆 2014年10月28日   新横浜リハビリテーション病院   画像診断部    細渕 和幸
新横浜リハビリテーション病院ブログコラムのインデックス
★ブログコラム
トップページ

★看護部長
ブログコラム
新横浜リハビリテーション病院ブログコラム最近の掲載
2018年2月(定期)
総務科
開院10年を迎えて

2018年1月(定期)
リハビリテーション科
通所リハビリ手工芸作品展を開催しました

2017年12月(定期)
リハビリテーション科
回復期の作業療法~自主トレーニングの指導~

2017年11月(定期)
検査科
頸動脈エコーで分かる動脈硬化

2017年10月(定期)
健診部
水分補給に注意しましょう

2017年9月(定期)
外来
健康診断の大切さについて

2017年8月(定期)
リハビリテーション科
通所リハビリテーションの取り組み~野菜の収穫を通して~


新横浜リハビリテーション病院ブログコラムの掲載予定
2018年3月(定期)
薬剤部

2018年4月(定期)
リハビリテーション科

2018年5月(定期)
看護部




つづく…



Copyright (C) Shinyokohama Rehabilitation Hospital All Rights Reserved