新横浜リハビリテーション病院
新横浜リハビリ
テーション病院

〒221-0864
神奈川県横浜市神奈川区菅田町2628-4  JR新横浜駅から新横浜リハビリテーション病院までの地図(GoogleMap)
TEL 045-474-5511
FAX 045-474-5556

新横浜リハビリテーション病院





新横浜リハビリテーション病院 院長 院 長
   久代 裕史





新横浜リハビリテーション病院 入院病棟入院病棟
回復期リハビリ病棟(126床)
(うち、個室54床)

   脳血管疾患等リハビリ
   運動器リハビリ
   呼吸器リハビリ

   【入院相談直通】
   045-474-5566

   【入院面会時間】
   10時~21時(毎日)





新横浜リハビリテーション病院 外来診療外来診療
内科 外科 整形外科 リハビリテーション科(専門外来)摂食嚥下 ボツリヌス療法

   【外来診療予約直通】
   045-474-5500

   【外来診察時間】
   9時~12時(月~土曜)





新横浜健診センター(新横浜リハビリテーション病院 健診部)新横浜
健診センター
   045-474-5211
   事業所様向け巡回健診
   (協会けんぽ指定医療機関)





新横浜リハビリテーション病院 通所リハビリテーション通所
リハビリテーション
   045-474-5203
   (神奈川区・港北区の一部は
   送迎可能)



JR新横浜駅から当院への無料送迎バス(新横浜リハビリテーション病院)
JR新横浜駅から
無料送迎バスで15分
【運行時間】
6時50分~19時15分
(土曜13:20最終・日祝運休)

新横浜リハビリテーション病院 無料送迎バス 時刻表    JR新横浜駅の当院無料送迎バスの乗り場(新横浜リハビリテーション病院)

新横浜リハビリテーション病院のブログ/コラム
より多くの方々に、私たち「新横浜リハビリテーション病院」を知っていただくため、
ブログ/コラムとして、「リハビリテーションのこと」「当院のこと」などを綴っております。
月1回定期の掲載と、不定期がございます。どうぞ、よろしくお願い致します。
2013年2月定期掲載   開院から5年(初心を忘れず)

昨年末、作業整理をしていると、このような写真が出てきました。
(開院前&現在の写真、それぞれの撮影位置は、ほぼ同じです)
開院から5年(初心を忘れず)
建物 開院前
開院から5年(初心を忘れず)
建物 現在

開院から5年(初心を忘れず)
正面玄関 開院前
開院から5年(初心を忘れず)
正面玄関 現在

   当院は5年2ヶ月前の2007年12月に開院しました。写真のとおり、なにもない土地から建物ができ、設備を整え、職員が揃い、開院と漕ぎ着け、5年後の昨年は、1年間を通して病床稼働率が99%以上と、ほぼ毎日満床が続くほどの忙しい病院となりました。この忙しさは、患者さんやご家族、そして、ご紹介いただく医療機関の方からの「信頼」をいただけたことの1つの証なのではないかと感じています。当院の職員の1人として、この信頼を損なうことが無いよう、初心を忘れず、今以上に医療の質向上および技術向上に精進したいと思います。

   「初心」といえば、個人的に「診療記録」が思い浮かびます。というのは、当院は開院時より電子カルテ運用(全電子化)を開始していますが、私は医療情報技師(病院のコンピュータ技術者)として、これまで「紙カルテ併用の電子化(オーダーリングのみ※)」の経験はありましたが、「全電子化(電子カルテ&オーダーリング)」までの経験は無く、開院当時、とても感動したものでした。
(※)オーダーとは、紙に置き換えると医師の指示箋・指示伝票にあたります。処方,注射,食事,検査,処置,リハ 等々
どのように「感動」したのかについて、簡単な一例で述べたいと思います。下の表は、当院の診療記録から半年間(2012年1月から6月)の範囲で単語を抽出し、どのくらい現れたのかを表しています。

当院(リハビリ専門病院)の診療記録で、どの単語が多く発生したか(2012年1月~6月)
医師記録・リハ記録
1位リハビリ5.079%
2位評価1.263%
3位記載1.227%
4位計画1.221%
5位承認1.211%
6位担当療法士1.136%
7位訓練記録1.135%
8位訓練場所1.134%
9位訓練時間1.131%
10位一般1.112%
11位実施0.876%
12位ex [訓練・練習として]0.782%
13位脳血管疾患0.728%
14位歩行0.623%
15位理学療法0.613%
16位BP [血圧]0.518%
17位継続0.475%
18位作業療法0.409%
19位訓練内容0.394%
20位program [リハ内容として]0.381%
21位運動器0.379%
22位立位0.368%
23位stretch [伸張させる]0.355%
24位relaxation [緊張緩和]0.340%
25位mmHg [血圧量の単位]0.336%
26位可能0.333%
27位cane [杖]0.332%
28位bpm [心拍数の単位]0.330%
29位リラクゼーション0.323%
30位体幹0.303%
看護記録
1位トイレ1.932%
2位本人0.818%
3位リハビリ0.687%
4位歩行0.602%
5位内服0.584%
6位確認0.456%
7位介助0.449%
8位夜間0.424%
9位説明0.423%
10位報告0.415%
11位コール0.414%
12位BP [血圧]0.413%
13位実施0.412%
14位使用0.406%
15位車椅子0.405%
16位希望0.402%
17位見守0.396%
18位様子0.390%
19位必要0.374%
20位誘導0.372%
21位経過0.361%
22位継続0.357%
23位食堂0.355%
24位時間0.338%
25位摂取0.327%
26位出来0.313%
27位排便0.312%
28位疼痛0.310%
29位本日0.307%
30位ベッド0.290%
    ※ [ ] は補足。%は全単語数からの割合。

   述べたいこととは、紙カルテでは難しいことが、電子カルテ(全電子化)では容易にできるという「秘めた可能性」について、開院当時、その運用が現実に開始されたことに感動したということです。もちろん、この一例の「2次利用」のことだけでなく、他にも紙カルテに対する優位要素(※)による秘めた可能性も、この感動には含まれています。

(※)他の優位要素とは、例えば、見読性向上・即時性・同時アクセス・自動化・保管の省スペース、等々

   なお、表の内容に少し触れますと、比較対象を用意して無いため(例えば急性期との比較)、「リハビリ専門病院の特徴を表している」とまで言えるものではありませんが、片鱗をうかがわせることができるのではないかと思います。例えば、医師・リハ記録、および、看護記録、それぞれ「リハビリ」や「歩行(訓練)」が上位にあるところにその印象を感じます。(あくまで、2次利用の一例のためのものですので、詳細は割愛させていただきました)

開院から5年。初心を忘れずに精進を。



執筆 2013年1月26日    新横浜リハビリテーション病院    医療情報システム室    玉置隆人

新横浜リハビリテーション病院ブログコラムのインデックス
★ブログコラム
トップページ

★看護部長
ブログコラム
新横浜リハビリテーション病院ブログコラム最近の掲載
2018年2月(定期)
総務科
開院10年を迎えて

2018年1月(定期)
リハビリテーション科
通所リハビリ手工芸作品展を開催しました

2017年12月(定期)
リハビリテーション科
回復期の作業療法~自主トレーニングの指導~

2017年11月(定期)
検査科
頸動脈エコーで分かる動脈硬化

2017年10月(定期)
健診部
水分補給に注意しましょう

2017年9月(定期)
外来
健康診断の大切さについて

2017年8月(定期)
リハビリテーション科
通所リハビリテーションの取り組み~野菜の収穫を通して~


新横浜リハビリテーション病院ブログコラムの掲載予定
2018年3月(定期)
薬剤部

2018年4月(定期)
リハビリテーション科

2018年5月(定期)
看護部




つづく…



Copyright (C) Shinyokohama Rehabilitation Hospital All Rights Reserved