新横浜リハビリテーション病院
新横浜リハビリ
テーション病院

〒221-0864
神奈川県横浜市神奈川区菅田町2628-4  JR新横浜駅から新横浜リハビリテーション病院までの地図(GoogleMap)
TEL 045-474-5511
FAX 045-474-5556

新横浜リハビリテーション病院





新横浜リハビリテーション病院 院長 院 長
   久代 裕史





新横浜リハビリテーション病院 入院病棟入院病棟
回復期リハビリ病棟(126床)
(うち、個室54床)

   脳血管疾患等リハビリ
   運動器リハビリ
   呼吸器リハビリ

   【入院相談直通】
   045-474-5566

   【入院面会時間】
   10時~21時(毎日)





新横浜リハビリテーション病院 外来診療外来診療
内科 外科 整形外科 リハビリテーション科(専門外来)摂食嚥下 ボツリヌス療法

   【外来診療予約直通】
   045-474-5500

   【外来診察時間】
   9時~12時(月~土曜)





新横浜健診センター(新横浜リハビリテーション病院 健診部)新横浜
健診センター
   045-474-5211
   事業所様向け巡回健診
   (協会けんぽ指定医療機関)





新横浜リハビリテーション病院 通所リハビリテーション通所
リハビリテーション
   045-474-5203
   (神奈川区・港北区の一部は
   送迎可能)



JR新横浜駅から当院への無料送迎バス(新横浜リハビリテーション病院)
JR新横浜駅から
無料送迎バスで15分
【運行時間】
6時50分~19時15分
(土曜13:20最終・日祝運休)

新横浜リハビリテーション病院 無料送迎バス 時刻表    JR新横浜駅の当院無料送迎バスの乗り場(新横浜リハビリテーション病院)

新横浜リハビリテーション病院のブログ/コラム
より多くの方々に、私たち「新横浜リハビリテーション病院」を知っていただくため、
ブログ/コラムとして、「リハビリテーションのこと」「当院のこと」などを綴っております。
月1回定期の掲載と、不定期がございます。どうぞ、よろしくお願い致します。
2012年11月定期掲載   「顔の見える薬剤師を目指して・・・」



   『薬剤師』というと、皆さんどのような印象をお持ちでしょうか?

   “医師が出した処方箋の調剤を行い、説明とともに薬を渡してくれる人”という印象が大半なのではないでしょうか?ここでは、その印象とは一味違う、普段見ることのできない薬剤師としての仕事について、ほんの一部ではありますがご紹介したいと思います。
調剤・監査する薬剤師
【調剤・監査する薬剤師】
   はじめに、薬剤師の印象として最も強い“処方された薬の取り揃え”。そのとき薬剤師は何を考えて調剤しているのでしょう?出された処方内容に対して、なぜその薬?その量は?その期間は?などなど、実際に処方された患者さんの状態をイメージしながら行っています。薬は、体内へ吸収・分布され、代謝・排泄というように消失していきます。この過程の中で、併用薬の影響を受けるものもあり、これが薬の相互作用です。併用薬は、患者一人ひとり異なるため、しっかり処方歴を確認し、適正かつ安全に使用できるようチェックしています。また、ご高齢であれば生理機能の低下も考えられ、その低下は消失時間の延長や過量投与へと繋がるため、副作用を起こすリスクも高まります。薬剤師は、処方箋一枚一枚についてこれらをトータル的に考え調剤を行っています。

病棟カンファレンスの様子
【病棟カンファレンスの様子】
   “リハビリテーション”と“薬剤師”がすぐに結びつかない方も多いと思います。確かに一見、その二つの言葉に共通点は見あたらないように思えます。しかし皆さんリハビリテーションの語源をご存知でしょうか?ラテン語でre[再び]+habilis[適した、ふさわしい]+ation[状態にすること]、すなわち[再び適した状態にすること]となります。薬剤師は、患者さんの退院後の環境も踏まえて、必要な薬を安全にかつ有効に服用していただくため、主治医や他職種と相談し内容を調整していくことで“リハビリテーション”を提供していきます。

   薬剤師は医療チームの一員として情報を共有し、薬剤の安全管理や副作用の早期発見、重篤化の回避に努めていますが、スタッフのみならず患者さんからも『顔の見える薬剤師』であるべきだと考えています。患者さんやご家族と信頼関係を築き、薬に関して気軽に薬剤師に相談できる環境づくりを心掛け、日々取り組んでいます。患者さんへ適した情報を提供することで、患者さん自身も医療(治療)への関心が高まり、積極的な医療の提供へ繋がっていくのだと思います。少しでも薬剤師に対する印象が変わり、身近な存在に感じていただけたら幸いです・・・!
薬剤師スタッフ
【薬剤師スタッフ】
   少しでも薬剤師に対する印象が変わり、身近な存在に感じていただけたら幸いです・・・!


執筆 2012年10月19日   新横浜リハビリテーション病院   薬剤部    斎川 善行
新横浜リハビリテーション病院ブログコラムのインデックス
★ブログコラム
トップページ

★看護部長
ブログコラム
新横浜リハビリテーション病院ブログコラム最近の掲載
2018年11月(定期)
画像診断部
デジタル化

2018年10月(定期)
医事課
同姓同名の注意点~漢字の違い~

2018年9月10日(不定期)
医事課
かながわシェイクアウト参加

2018年9月(定期)
看護部
3E病棟 夏祭り & そば打ち体験

2018年8月(定期)
リハビリテーション科
病院でじゃがいも掘り??~畑のある病院~

2018年7月(定期)
栄養科
今年もイベント食を実施しました

2018年6月(定期)
総合相談センター
退院後のよりよい生活を目指して~医療ソーシャルワーカーの仕事

2018年5月(定期)
看護部
2E病棟の紹介です

2018年4月(定期)
リハビリテーション科
縁の下の力持ちになるために

2018年3月(定期)
薬剤部
在宅復帰支援へ向けた薬剤師のかかわり

2018年2月(定期)
総務科
開院10年を迎えて

2018年1月(定期)
リハビリテーション科
通所リハビリ手工芸作品展を開催しました

2017年12月(定期)
リハビリテーション科
回復期の作業療法~自主トレーニングの指導~

2017年11月(定期)
検査科
頸動脈エコーで分かる動脈硬化

2017年10月(定期)
健診部
水分補給に注意しましょう

2017年9月(定期)
外来
健康診断の大切さについて

2017年8月(定期)
リハビリテーション科
通所リハビリテーションの取り組み~野菜の収穫を通して~


新横浜リハビリテーション病院ブログコラムの掲載予定
2018年10月(定期)
事務部

2018年11月(定期)
画像診断部

2018年12月(定期)
リハ科




つづく…



Copyright (C) Shinyokohama Rehabilitation Hospital All Rights Reserved