先端リハビリコースメニュー

  • 先端リハビリコース
  • ご案内
  • 受診の流れ
  • 機器の紹介
  • 評価およびリハビリテーション
  • 費用について
  •  
  • 一つ戻る
  • ホームに戻る

先端リハビリコース

無料送迎バス時刻表  こちら

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
評価・リハビリテーションについて 評価について 効果を確認するため、①ボツリヌス療法前、②ボツリヌス療法2週間後、③電気治療開始から1か月後に以下のような上肢機能評価を行います。 ・片麻痺機能テスト(上田式12段階片麻痺機能テスト) ・筋緊張のテスト(modified Ashworth scale:MAS) ・関節可動域評価 ・Fugl-Meyer Assessment ・Motor Activity log リハビリについて ボツリヌス療法実施2週間後、機能的電気刺激装置(H200 ハンドリハビリテーション・システム)を使用しての上肢機能訓練および自宅でのトレーニング指導を行います。 ●機能的電気刺激装置の設定 ご利用する方の状態に合わせ、電気刺激の強度や時間の設定を行います。 ●通所ご利用中のリハビリ  機能的電気刺激装置を使用後、自宅でのトレーニングの様子を確認したり、徒手的なアプローチにて手関節・手指の運動を行います。

 

 

PageTop