院長挨拶・病院紹介メニュー

  • 院長挨拶
  • 病院概要
  • 病院機能評価認定病院
  • 施設紹介
  • 病院実績
  • 委員会活動
  • リハビリテーション科紹介
  • 看護部紹介
  • 栄養科紹介
  • 薬剤部紹介
  • 関連施設
  •  
  • ホームに戻る

病院実績

 

2018年度入院実績(2018.4.1~2019.3.31)
   ※2017年度版はこちら    ※2016年度版はこちら
   ※2015年度版はこちら    ※2014年度版はこちら
   ※2013年度版はこちら

 

●2018年度 新規入院患者数疾患毎内訳
2018年度 新規入院患者数疾患毎内訳

 

 

●2018年度 脳血管疾患主病内訳
2018年度 脳血管疾患主病内訳

 

 

●2018年度 運動器疾患主病内訳
2018年度 運動器疾患主病内訳

 

PageTop

 

●2018年度 性別・年齢別入院患者数
2018年度 性別・年齢別入院患者数
平均年齢 男性71.4歳 女性78.7

 

 

●2018年度 地区別患者数(紹介病院所在地別)
2018年度 地区別患者数(紹介病院所在地別)

 

 

●2018年度 退院患者の入院日数(543名)
 

 

PageTop

 

●2018年度 在宅復帰率(退院実績)
2018年度 在宅復帰率(退院実績)

 

 

●2018年度 患者一人当たりの一日のリハビリ実施単位数
 
脳血管疾患
運動器疾患
リハビリ単位数
8.8
5.9
※ 1単位20分です。保険診療では脳血管疾患が1日9単位まで、運動器疾患・廃用症候群が1日6単位までという制限があります。

 

 

●FIM(運動項目)集計 ( 2018.4.1 ~ 2019.3.31 )
 
脳血管疾患 入院時 退院時 利得
運動項目 セルフケア ①食事 5.6 6.5 0.9
②整容 5.1 5.8 1.2
③清拭 1.5 5.4 3.9
④更衣・上半身 4.1 6.3 2.2
⑤更衣・下半身 3.7 5.9 2.2
⑥トイレ動作 3.8 6.0 2.2
排泄コントロール ⑦排尿管理 3.7 6.0 2.3
⑧排便管理 3.7 6.1 2.4
移乗 ⑨ベッド・椅子・車椅子 4.2 6.2 2
⑩トイレ 4.2 6.1 1.9
⑪浴槽・シャワー 1.3 4.9 3.6
移動 ⑫移動 2.7 5.7 3
⑬階段 1.6 5.1 3.5
合計 45.2 76.8 31.6
FIM入院時推移(脳血管疾患)

 

運動器疾患 入院時 退院時 利得
運動項目 セルフケア ①食事 6.3 6.8 0.5
②整容 5.6 6.7 1.1
③清拭 1.1 5.6 4.5
④更衣・上半身 4.6 6.5 1.9
⑤更衣・下半身 3.3 6.1 2.8
⑥トイレ動作 4.0 6.2 2.2
排泄コントロール ⑦排尿管理 3.2 6.3 3.1
⑧排便管理 3.4 6.3 2.9
移乗 ⑨ベッド・椅子・車椅子 4.4 6.2 1.8
⑩トイレ 4.3 6.1 1.8
⑪浴槽・シャワー 1.1 4.8 3.7
移動 ⑫移動 2.2 5.8 3.6
⑬階段 1.3 5.2 3.9
合計 44.8 78.6 33.8
FIM入院時推移(運動器疾患)

 

・FIMについて
 
FIMとは機能的自立度評価法と言われ、患者様の日常生活動作(ADL)の介助量を測定する中で最も信頼性があると言われています。
評価項目については運動項目13項目と認知項目5項目の計18項目からなります。
採点は1~7点の7段階で評価を行います。
 
点数 内容
7点 「完全自立」、補助具や介助なしで自立
6点 「修正自立」、時間を要し、装具や自助具、服薬が必要、安全性の配慮が必要
5点 「監視・準備」、監視や準備や指示など促しが必要
4点 「最少介助」、手で触れる以上の介助は必要なし、「75%以上」は自分で行う
3点 「中程度介助」、手で触れる以上の介助が必要、「50%~75%未満」は自分で行う
2点 「最大介助」、25%~50%未満は自分で行う
1点 「全介助」、25%未満しか自分で行わない

 

 


 

 

※回復期病棟入院対象疾患について
 
 
* 脳血管疾患 *
 
脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、頭部外傷、脊髄損傷などの発症もしくは手術後
 
* 運動器疾患 *
 
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折もしくは手術後
 
* 廃用症候群 *
 
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により「立てない」「歩けない」等の日常機能が低下した状態

 

 


 

 

PageTop