看護部紹介メニュー

  • 看護部紹介
  • 看護部長より
  • 教育
  • 病棟紹介・外来紹介
  • 認定看護師より
  •  
  • ひとつ上に戻る
  •  
  • ホームに戻る

看護部紹介 教育

看護師/介護福祉士/助手 採用情報  こちら
職員向け施設内託児所 プスプス保育室  こちら
看護部長のブログ/コラム こちら
病棟看護師(1)のブログ/コラム こちら
病棟看護師(2)のブログ/コラム こちら
病棟看護師(3)のブログ/コラム こちら
病棟看護師(4)のブログ/コラム こちら
病棟看護師(5)のブログ/コラム こちら
回復期リハビリ看護師のブログ/コラム こちら
外来看護師のブログ/コラム こちら
「看護部 感染予防」のブログ/コラム こちら

 

教育目的

 
看護・介護職員個人の成長を支援し、質の高いリハビリテーション看護が提供できる人材を育成する。
 

教育目的

 
1. 患者本位の安全で安心のできる質の高いサ-ビスを提供できる専門職者を育成する。
2. セルフマネジメントができる、自律した専門職業人を育成する。
3. 看護・介護の専門性を発揮しチーム医療を推進できる人材を育成する。
 

 

 

 
レベル
実践能力
組織的役割能力
 
ラダーⅠ
 
助言があれば適切に看護実践が行える
 
1. 専門職としての自覚をもち、チームメンバーの役割を果たすことができる。
 
2. 自己の課題を指導によって発見し、自主的な学習に取り組むことができる。
 
 
ラダーⅡa
 
看護実践が自立して行える
 
1. 組織の一員としての役割が理解でき、部署の目標達成に向けて、
  基準や手順を順守した行動がとれる。
 
2. 自己の問題・課題を自覚して、解決のための学習に取り組むことができる。
 
 
ラダーⅡb
 
ケアの受け手に合う個別的な看護実践が行える
 
1. 日々の看護業務においてリーダーシップがとれる
 
2. 自己の課題を明確化し、達成に向けた学習活動を展開することができる
 
 
ラダーⅢa
 
看護実践のモデルとなりケアの指導が行える
 
1. 部署においての組織的な役割(チームリーダー・委員・係)が遂行できる
 
2. 自己の学習活動を継続して取り組むとともに、スタッフや学生に対し指導的
  な役割を実践することができる
 
 
ラダーⅢb
 
より複雑な状況においても適切な手段を選択し看護ケアが展開できる
 
1. 部署において専門的な能力を発揮し、指導的な役割を遂行できる
 
2. 部署の課題を明確化し、問題解決に向けて取り組むことができる
 
3. 自己のキャリア開発に向けて、主体的に研究や学習に取り組むことができ、
  他者にモデルを示すことができる
 

 

 

 

PageTop