新横浜リハビリテーション病院
新横浜リハビリ
テーション病院

〒221-0864
神奈川県横浜市神奈川区菅田町2628-4  JR新横浜駅から新横浜リハビリテーション病院までの地図(GoogleMap)
TEL 045-474-5511
FAX 045-474-5556

新横浜リハビリテーション病院





新横浜リハビリテーション病院 院長 院 長
   久代 裕史





新横浜リハビリテーション病院 入院病棟入院病棟
回復期リハビリ病棟(126床)
                       (うち、個室54床)
   脳血管疾患等リハビリ
   運動器リハビリ
   呼吸器リハビリ

   【入院相談直通】
   045-474-5566

   【入院面会時間】
   10時~21時(毎日)





新横浜リハビリテーション病院 外来診療外来診療
  内科 外科 整形外科 
  リハビリテーション科
(専門外来)
  摂食嚥下 ボツリヌス療法

   【外来診療予約直通】
   045-474-5500

   【外来診察時間】
   9時~12時(月~土曜)





新横浜健診センター(新横浜リハビリテーション病院 健診部)新横浜
健診センター
   045-474-5211
   事業所様向け巡回健診
   (協会けんぽ指定医療機関)





新横浜リハビリテーション病院 通所リハビリテーション通所
リハビリテーション
   045-474-5203
   (神奈川区・港北区の一部は
   送迎可能)



JR新横浜駅から当院への無料送迎バス(新横浜リハビリテーション病院)
JR新横浜駅から
無料送迎バスで15分
【運行時間】
6時50分~19時15分
(土曜13:20最終・日祝運休)

新横浜リハビリテーション病院 無料送迎バス 時刻表    JR新横浜駅の当院無料送迎バスの乗り場(新横浜リハビリテーション病院)

新横浜リハビリテーション病院のブログ/コラム
より多くの方々に、私たち「新横浜リハビリテーション病院」を知っていただくため、
ブログ/コラムとして、「リハビリテーションのこと」「当院のこと」などを綴っております。
月1回定期の掲載と、不定期がございます。どうぞ、よろしくお願い致します。
2011年9月定期掲載   「ボランティアの方々に支えられて」



   当院には多くのボランティアの方々に参加をしていただいています。7月には当院のハンドベル隊“たなばたさま”の音色で始まった「七夕コンサート」が行われました。

   メインは大正琴「コスモス会」5人の淑女の皆様による演奏です。病院近くにお住まいのメンバーのお一人が立ち寄られてから、時々演奏に来ていただいています。コバルトブルーの素敵な衣装で8曲の演奏が始まりました。演奏に合わせて、参加されているおよそ50名の患者様たちは懐かしい歌を口ずさみます。


   外の気温が真夏日を示し院内は28度に設定したエアコンが動いていますが、みんなの熱気で気温急上昇。そんな中での大合唱は感動です。
野に咲く花のように・ふるさと・浜辺の歌・たなばたさま・みかんの花咲く丘・古城・青い山脈・高原列車は行く・・・澄んだ音色の大正琴の響きは暖かく、あっという間に時間が過ぎていきました。歌詞カードを大切にお持ち帰りいただきました。病室でも口ずさむことでしょう。



七夕コンサート
   暑かった夏が終わろうとしています。9月には「秋の日に」という手工芸のお楽しみが待っています。



イーゼルに秋のイメージの飾り付け
   いつも元気いっぱいの先生は患者様にも大好評!今回はイーゼルに秋のイメージの飾り付け、ブリザーブドフラワーも可憐で写真等が飾れるようになっています。先生は国立市のご自宅から大きな荷物(材料)を持って来院されます。1年に6回のペースで季節感あふれる飾りを教えていただき、患者様は無論ご家族の方も一緒に参加される場合もあります。同じ材料でも仕上がりが一つひとつ違って同じものはありません。先生が最後にちょっと魔法をかけてくださいます。完成した作品を患者様は枕元に飾ったり、ご家族へのプレゼントにしたり、お一人で2個作られる方も・・・

   日常の入院生活にちょっと変化をと、毎月ヴァイオリンを片手に各病棟の食堂で演奏が始まります。

   ピアノ教室の先生はご家族が入院されてからのご縁で始まり,もうすぐ2年になろうとしています。
  ヴァイオリンで患者様のリクエストに応えます。
円になって身体も一緒に動かしたり、誕生日月の方のお祝いソングをみんなで歌ったり・・・隣の病棟からヴァイオリンが聞こえると患者様たちは準備を始めます。先生のきれいなスパンコール刺繍の衣装もとても楽しみ。ヴァイオリン演奏前の姿にプロであることを感じます。


七夕コンサート
   ボランティアの方々は、揃って患者様からパワーをいただいていることをお話しされます。患者様も優しい笑顔でそれぞれの時間を過ごされます。お知らせのポスター(ワンパターンですが・・・)を掲示して、多くの患者様にお好きなように参加していただいているのがいいのかもしれません。継続して実施できていることに感謝です。

もしかすると一番楽しんでいるのは私かもしれないと思うこの頃です。今後はもっと多くのボランティアの方々が当院へ参加していただけるような環境を作っていきたいと考えています。

執筆 2011年8月29日   新横浜リハビリテーション病院   看護部    高村文子
新横浜リハビリテーション病院ブログコラムのインデックス
★ブログコラム
トップページ

★看護部長
ブログコラム
新横浜リハビリテーション病院ブログコラム最近の掲載
2018年5月(定期)
看護部
2E病棟の紹介です

2018年4月(定期)
リハビリテーション科
縁の下の力持ちになるために

2018年3月(定期)
薬剤部
在宅復帰支援へ向けた薬剤師のかかわり

2018年2月(定期)
総務科
開院10年を迎えて

2018年1月(定期)
リハビリテーション科
通所リハビリ手工芸作品展を開催しました

2017年12月(定期)
リハビリテーション科
回復期の作業療法~自主トレーニングの指導~

2017年11月(定期)
検査科
頸動脈エコーで分かる動脈硬化

2017年10月(定期)
健診部
水分補給に注意しましょう

2017年9月(定期)
外来
健康診断の大切さについて

2017年8月(定期)
リハビリテーション科
通所リハビリテーションの取り組み~野菜の収穫を通して~


新横浜リハビリテーション病院ブログコラムの掲載予定
2018年5月(定期)
看護部

2018年6月(定期)
事務部

2018年7月(定期)
栄養科




つづく…



Copyright (C) Shinyokohama Rehabilitation Hospital All Rights Reserved