外来のご案内メニュー

  • 外来のご案内・お知らせ
  • 外来診療担当表
  • 先端リハビリコース
  • ボツリヌス療法外来
  • 摂食嚥下外来
  • 生理検査について
  • 画像診断検査について
  • 内視鏡検査について
  • 栄養指導について
  •  
  • ホームに戻る

内視鏡検査について(上部消化管 [食道・胃・十二指腸])

無料送迎バス時刻表  こちら
外来看護のご紹介  こちら
検査依頼の予約・同意・説明書類ダウンロードは こちら

 

内視鏡室
<検査内容>

当院では上部消化管(食道・胃・十二指腸)の内視鏡検査を行なっています。小指くらいの太さの柔らかなファイバースコープ(胃カメラ)を口から入れて上部消化管の中を観察します。 病変があれば必要に応じて生検(組織検査)を行うことができます。

 バリウム検査より早期発見において優れており、また、X線による放射線被爆もありません。 内視鏡検査に伴う苦痛をやわらげるために、ご希望に応じて鎮静剤(「ボー」となるお薬)を使用いたします。

 また、口からの従来の方法に加え、鼻から入れる経鼻内視鏡も行なっています。

「オリンパス おなかの健康ドットコム」


◆内視鏡による感染症を防止するため、全ての検査の前にガイドラインに沿った適切な内視鏡洗浄・消毒を実施しています。


前日 1.夕食は19:00までに済ませてください。飲水はしてもかまいません。

2.お酒やタバコはおやめください。

検査当日 1.食事をとることはできません。水分は検査の2時間前までは適度にとってください。水分は水かお茶にしてください。タバコはおやめください。

2.心臓や高血圧の薬は7:00までに飲んでください。

3.鎮静剤を使用することがあるので、車・バイク・自転車を運転して来ないでください。

4.検査時、義歯がある方ははずして頂きますので、ご了承ください。

5.説明書の内容をよくお読みいただき、ご理解・納得したうえで、検査をお受けください。

検査後 1.のどのしびれがとれるまで、飲食はしないでください。

2.眠気を催すことがありますので、帰りの歩行には十分注意してください。

3.検査終了後に「上部消化管内視鏡検査後の注意事項」をお渡ししますので、内容をご確認ください。

その他
注意事項
1.問診票に記入していただき、その他気になることがあれば検査前に看護師にお申し出ください。



■内視鏡検査方法■

検査前 1.胃の中の泡を消すお薬をのみます。

2.のどの麻酔をします。

3.検査台に横向きに寝ます。

4.必要に応じて鎮静剤を注射します。

検査 1.マウスピースを口にくわえていただき、これを通して内視鏡を挿入します。

2.食道・胃・十二指腸の順に進んでいきます。

3.観察時には空気を入れて胃をふくらませます。心配いりませんので、力をぬいて楽に受けられてください。

4.検査時間は通常10~15分程度ですが、病気の状態で少し長くかかることもあります。

5.胃の中の空気を吸い取ってから、内視鏡を抜いていきます。

6.鎮静剤を使った時には鎮静剤の作用を弱らせるお薬を投与します。(これで目が覚めた状態になります)

検査結果説明 1.その場で写真を見ながら結果を説明します。

2.組織を採った時は、診断結果を約1週間後に外来で説明いたします。



<検査日>

◆月・火・木・金・土の午前中(祝日は除く)

 

 

PageTop