薬剤部紹介メニュー

  • 薬剤部紹介
  • 業務紹介  
  • 入院業務  
  • 外来業務 
  • システム関連
  • 教育    
  •  
  • ひとつ上に戻る
  •  
  • ホームに戻る

薬剤部紹介

 
『 顔の見える薬剤師を目指して 』 で綴る、薬剤部のブログ/コラム こちら
『 回復期リハビリ病棟協会研修大会に参加して 』 で綴る、薬剤部のブログ/コラム こちら

 

入院業務
各病棟に専任薬剤師を1名配置し、入院~退院まで一人の薬剤師が担当しています。

 

薬剤部紹介


(1)持参薬鑑別

入院後、まず持参薬が薬剤部に届きます。
病棟担当薬剤師が持参薬を鑑別し、内容を確認します。その後、主治医から継続の許可をいただいたお薬のみ、管理しやすいよう(基本的に)一包化しています。




(2)初回面談

鑑別したお薬の情報をもとに全ての患者さまを対象に初回面談を行っています。鑑別中の不明点や、現在服用中のお薬で困っている点はないか、副作用につながる所見はないか、継続の妥当性などを確認していきます。
 
薬剤部紹介


(3)薬剤師病棟業務

検査値、バイタル等を確認し、治療効果や副作用の有無をモニタリングし、薬物療法が適正かチェックしています。新たに開始となるお薬や、変更・中止となるお薬に対し、薬学的知見に基づいた指導も実施しています。また、体調が気になる患者さまや自己管理が可能となった患者さまに対しては、病室まで伺い、薬剤管理指導業務に反映させます。
 
薬剤部紹介


(4)チーム医療

リハビリカンファレンス、ICTラウンド、NST・褥瘡ラウンド、摂食ミーティング、回診などにより、患者さんの状態を多方面から把握することができます。また、それらで得た情報から、それぞれの患者さまにあったお薬の管理方法を模索し、アドヒアランスの向上につなげています。
 
薬剤部紹介


(5)退院時服薬指導

退院時に退院後の生活を踏まえた指導をご本人やご家族に対して改めて行っています。

 

 

PageTop