薬剤部紹介メニュー

  • 薬剤部紹介
  • 業務紹介  
  • 入院業務  
  • 外来業務 
  • システム関連
  • 教育    
  •  
  • ひとつ上に戻る
  •  
  • ホームに戻る

薬剤部紹介

 
『 顔の見える薬剤師を目指して 』 で綴る、薬剤部のブログ/コラム こちら
『 回復期リハビリ病棟協会研修大会に参加して 』 で綴る、薬剤部のブログ/コラム こちら

 

業務紹介

 

◆調剤業務
薬剤部紹介

外来・入院処方調剤をすべて院内で行っています。
 
電子カルテ、調剤支援システムの導入にて、飲み合わせが悪くないか、使用する薬の量は適切であるか、重複して使用していないか、そして相互作用はないかをチェックした後に調剤しています。外来・入院に関わらず、随時お薬相談もお受けしていますので、お気軽にご相談ください。
 
薬剤部紹介

薬剤部紹介

注射一施用毎にセットしています。また、薬剤部内にクリーンベンチを設置し、無菌調製もおこなっています。

 

◆内服薬個人別配薬カートセット
 
月~金曜日は病棟から配薬カートを薬剤部に下ろし、セットを行います。臨時継続処方から定期処方まで、原則として全て薬剤師により配薬セットを行い、業務責任を明確にしています。 セット終了後、最終的に病棟担当者が、処方変更・処方開始薬の漏れがないようにダブルチェックしています。
薬剤部紹介

 

◆医薬品適正使用管理
 
抗生物質に関しては、使用薬剤、使用量、使用期間、効能効果の調査・評価を行い、ICTラウンドや院内感染委員会へ報告しています。抗生物質の耐性化を防ぐためにも、薬剤師は貢献しています。 それ以外の医薬品の投与でも、薬剤の選択、用法用量の決定、投与期間などを含む処方設計から、薬学的知見に基づく薬物療法を主治医へ提案し、医薬品適正使用を推進しています。複雑化する現在の薬物療法に対し、我々薬剤師は安心・安全な医療の提供に努めています。
薬剤部紹介

 

◆医薬品管理
 
オンライン化された専用端末にて、発注業務、納品業務、在庫管理業務、棚卸業務等を行っています。 医薬品の品質、温度管理、使用期限管理も薬剤師の重要な業務となります。また、適正在庫管理により病院経営にも貢献しています。
薬剤部紹介

 

 

PageTop