看護部紹介メニュー

  • 看護部紹介
  • 看護部長より
  • 教育
  • 病棟紹介・外来紹介
  • 認定看護師より
  •  
  • ひとつ上に戻る
  •  
  • ホームに戻る

看護部紹介 病棟紹介・外来紹介

看護師/介護福祉士/助手 採用情報  こちら
職員向け施設内託児所 プスプス保育室  こちら
看護部長のブログ/コラム こちら
病棟看護師(1)のブログ/コラム こちら
病棟看護師(2)のブログ/コラム こちら
病棟看護師(3)のブログ/コラム こちら
病棟看護師(4)のブログ/コラム こちら
病棟看護師(5)のブログ/コラム こちら
回復期リハビリ看護師のブログ/コラム こちら
外来看護師のブログ/コラム こちら
「看護部 感染予防」のブログ/コラム こちら

 

病棟紹介

 

◆2E病棟
2E病棟に入院されている患者様は脳血管疾患リハビリ、運動器リハビリが大多数を占めます。毎日が試行錯誤の中で、私たちは病院の基本方針を念頭に活動しています。とりわけ、リハビリテーションの要であるチーム医療の重要性を再認識しています。チーム医療の定義は、分野の異なる専門職がクライエント及びその家族の持つニーズを明確にした上で共有し、そのニーズを充足するために、それぞれの専門職に割り与えられた役割を他の専門職と協働・連携しながら果たしていく集団であるとされています。
 
私たちのチームは、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・ソーシャルワーカー・薬剤師・管理栄養士等で構成されています。協働・連携を進めていく中で、患者様に関する情報の共有が重要と理解し、チーム間の情報交換の場を設けることに取り組んでいます。そしてスタッフの誰もが、専門職の役割の中で患者様の代弁者でありたいと努めています。
 
毎日、夕方になると病棟の食堂でテーマソングが流れ「フレンドパーク」を開いています。これは離床を目的とし、レクリェーションやリハビリ体操などの要素を持つ催しで、リハビリスタッフが中心となって行っています。参加は自由ですが、心待ちにしている患者様も多く、スタッフも楽しみながら参加しています。専門職として課題に向かい、病気や障害を持ちながら生活する人のQOLを高めること、その人らしく生きることへの支援を忘れることなく努力していきます。
 
2E病棟 2E病棟
 
PageTop

 

 
◆3E病棟
リハビリ看護にはチームアプローチが重要です。他部門との連携と、患者様のADL(日常生活動作)の向上に向けての情報交換が密にできるように、毎朝のミーティングにはメディカルソーシャルワーカー、セラピストも参加をしています。責任ある継続看護実践ができるように、固定チームナーシングに取り組み、受持看護師としての責任、やりがいを感じ始めているところです。リハビリを通して「自分のできること」への喜びを一緒に分かち合え、家族との関わりも大切にし、スタッフ一同「やさしく、明るく、たくましく」をモットーに頑張っています。
 
 
3E病棟看護師より
 
リハビリテーション看護では『看護の成果が患者様の変化として目に見えてくること』が一番の喜びだと感じます。手を貸すことは簡単だけれど、根気強く患者様のペースに合わせて援助を続けていると、出来ることが増えていくのを実感しました。今ある能力は最大限生かせるように手を貸さずに見守り、日常生活援助では訓練で行っている方法を体で覚えていくため、一人一人に適した方法を統一して行っていくことが大切です。患者様自身のやり方や工夫・努力を認め、意志や気持ちに寄り添っていくのも大切な役目だと思います。また、他職者とのコミュニケーションも密にとっているので病棟全体に活気があり、明るく楽しい雰囲気を生んでいます。(卒後4年目)
 
3E病棟 3E病棟
 
PageTop

 

 
◆3W病棟
3W病棟ではリハビリに取り組む患者様の退院後の生活をチームで把握するための情報交換の場がたくさんあります。そして、問題となる身体・社会・精神面を他職種と連携を取りながら話し合い、問題解決に取り組んでいます。また、病棟、スタッフの雰囲気は明るく、自主的な勉強会を開催し、互いの知識を高め、他部門の良い面を取り入れ、常に患者様が安全・安楽な入院生活を送れるようスタッフ全員で取り組んでいます。
 
3W病棟 3W病棟
 
PageTop

 

 


 

外来紹介

 
リハビリテーション病院の外来 ・・・というと、リハビリ専門?と思われがちですが、実は内科・外科・整形外科もやっています。優しい看護師が明るい笑顔で対応させていただきます。
 
もちろん、リハビリテーション病院ならではの設備と技術を活用して、2つの専門外来(摂食・嚥下外来とボツリヌス療法外来)も行っています。わかりやすい説明ときめこまやかなケアを心がけています。最近では、生活習慣病予防健診(協会けんぽ)や特定健診(国保)も実施し、健康づくりの支援を行っています。
健診では、胃内視鏡と胃透視のどちらも対応可能です。
 
外来紹介
 
外来紹介 外来紹介
 
PageTop
 
専門外来(摂食・嚥下とボツリヌス療法)ブログ/コラム こちら

 

 


 

こんな活動をしています

 
リハビリテーション科と「転倒・転落防止対策プロジェクトチーム」で、問題の共有と解決に向かって活動!
 
レクリェーションチームで企画し、患者様のレクリェーションやミニコンサート、映画上映、各種行事を実施中!
 
こんな活動をしています
 
こんな活動をしています こんな活動をしています

 

 

PageTop