リハビリテーション科紹介メニュー

  • リハビリテーション科紹介
  • 療法別紹介 PT OT ST 通所リハ
  • 義肢装具診 インソール
  • リハビリ機器の紹介
  • 指導相談について
  • スタッフ教育について
  •  
  • ひとつ上に戻る
  •  
  • ホームに戻る

リハビリテーション科紹介 療法別紹介

中途 PT OT ST 採用情報  こちら
既卒・新卒 PT OT ST 採用情報  こちら
仕事紹介 ST(言語聴覚療士)  こちら
職員向け施設内託児所 プスプス保育室  こちら
理学療法士(1)のブログ/コラム こちら
理学療法士(2)のブログ/コラム こちら
理学療法士(3)のブログ/コラム こちら
理学療法士(4)のブログ/コラム こちら
理学療法士(5)のブログ/コラム こちら
理学療法士(6)のブログ/コラム こちら
作業療法士(1)のブログ/コラム こちら
作業療法士(2)のブログ/コラム こちら
言語聴覚士(1)のブログ/コラム こちら
言語聴覚士(2)のブログ/コラム こちら
通所リハビリ 療法士のブログ/コラム こちら

 

理学療法

理学療法

 

我々は、患者様の自然回復を促すこと・回復や生活の阻害因子となる廃用症候群や過剰な筋緊張、ネガティブな心理状態などを排除すること・在宅復帰に必要な質の高いADL、IADL能力を獲得すること・ADLや諸動作の基盤となる体力を獲得することを目標にしています。
 
治療内容としては関節可動域、筋力、持久力の増大、協調性や全身調整運動訓練などの運動療法に加え、起き上がりや立ち上がり、歩行などの基本的動作訓練を行います。その中で必要に応じて杖や義肢、装具および車椅子なども使用します。痛みのある部位に対しては、温熱や電気治療などの物理療法を施行しています。
 
入院直後から患者様に合わせた車椅子シーティングを実施しています。また、早期に装具を作製することで積極的に病棟歩行を導入しています。
 
さらに、多くの患者さんに家屋訪問を行い、家屋評価・住宅改造のアドバイスや介助指導を行うことで、自宅退院率は高くなっています。きめ細かいサービスを患者さんのレベルや必要性に応じて行い、患者様にとってよりよい環境の中で生活できるよう援助いたします。
 
PTも早出・遅出のケアに関わることで、患者様の問題をよりリアルに把握することができ、チームとして病棟生活の中で能力向上を目的とした援助を行っています。

 

理学療法
理学療法

 

PageTop

 


 

作業療法


平成30年卒業者対象 作業療法士病院見学会のお知らせ

作業療法

 作業療法とは

作業療法
食べたり、入浴をしたり、人の日常生活に関わるすべての諸活動を「作業」と呼んでいます。
作業療法では、
①基本的動作能力
②応用的動作能力
③社会的適応能力
の3つの能力を維持、改善することを目標とします。*)
*一般社団法人 日本作業療法士協会HPより

 

 作業療法部門での取り組み


急性期の病院での治療を終えて、病気やけがの状態が安定し、当院(回復期病棟)へと転院されてきた患者様に、基本的な運動能力だけではなく、トイレ・食事・家事などの応用的能力や社会に適応するまでの能力の改善を目指します。

作業療法
当院では患者様に対して、1名以上の作業療法士が担当させていただき、退院までのリハビリを進めていきます。
まずは、お一人お一人の人生や生活に沿った作業療法が行えるように、様々な検査や面接を通して、目標を一緒に決定していきます。
排泄や更衣などのプライバシーが重視される動作は、入院直後より練習を開始し、早期に動作が獲得出来るように力を入れて取り組んでいます。
応用的能力では、より具体的な生活をイメージしてもらい、調理、掃除、洗濯などの家事動作練習、買い物などの外出練習、また患者様のご自身の「やりたい」「できるようになりたい」と思われる作業(趣味の活動など)の再習得を目指し練習を進めていきます。

 

作業療法
また、ご自宅復帰前には症状や患者様の状態に応じた生活環境を整えるための、福祉用具の紹介、住宅改修のアドバイスなども行います。 作業療法部門で私たち作業療法士は、患者様が「その人らしい」生活を再度習得できるように支援していくことを目標に日々リハビリを進めています。


 

PageTop

 


 

言語聴覚療法

言語聴覚士の仕事紹介はこちら
 
言語聴覚療法

 

言語聴覚療法とは、脳の損傷により失語症(聞く、読む、話す、書くといった言語能力の障害)や、構音障害(口や舌が上手く動かず、はっきりと話せない)等によってコミュニケーションが難しくなった患者様や、嚥下障害(飲みこみが困難になる)、高次脳機能障害の患者様に対して、評価や訓練、指導を行っています。回復期という時期では発症からまだ日が浅いため、摂食・嚥下面の評価(嚥下造影検査等)や訓練に力をいれています。コミュニケーション障害、高次脳機能障害についても、長期的な展望のもと、回復期の段階でどのような援助をしたら良いかを考えながらプログラムを立てています。退院後も外来で継続的なアプローチを行うことも多く、亜急性期から維持期に至る長期的援助も行っています。病院全体として、学会発表も含め、教育には力を入れています。

 

言語聴覚療法
言語聴覚療法

 

PageTop

 


 

通所リハビリテーション

通所リハビリテーション
通所リハビリのページは こちら

 

通所リハビリテーション部門では、生活機能の維持・向上、自立生活の推進、介護負担の軽減、QOLの向上を目標に「その人らしく生きる」ためのリハビリを行っています。個別リハビリテーションでの身体機能面へのアプローチをはじめ、個々のニーズや生活環境に合わせ、福祉用具の提案、環境設定や装具の調整など幅広く対応しています。
 
必要に応じて送迎に同行し、自宅へのアプロー チ方法の評価・提案も行っています。また、個別リハビリテーション以外の時間も有意義に過ごしていただけるよう個々の能力にあわせたプログラムをリハビリスタッフが選定し、実施していただいています。(例:マシーントレーニング、ペーパートレーニング、足浴・手浴等)

 

通所リハビリテーション
 
通所リハビリテーション
併設病院と連携し、装具診を行っています

 

 

PageTop